大阪市 城東区 生活情報サイト|城東 生活ナビ

城東区の住人が足で集めた城東区とその周辺の生活情報や元気なご近所さんをご紹介します。(詳しくは「掲載について」のページをご覧ください。)フェイスブックページはこちらから無料でお店やイベントの紹介ができます。メールで原稿をお送りください。
城東生活ナビこの写真は城東区出身の登山愛好家Nobuaki Nagato氏の提供によるものです。画像をクリックすると解説があります。

登山の日程調整ツール「調整さん」

城東生活ナビ>>子育てママのブレイクコーナー>>vol.2 早期教育の効果について思うこと
掲載内容については、掲載時点から変更されている場合もありますので、必ず主催者に確認してご利用ください。

子育てママのブレイクコーナー

vol.2  早期教育の効果について思うこと

「早期教育」  特に、小さい子どもを持つママにとって気になるキーワードですよね。
早期教育といっても、知識優先か、五感育て優先か・・・

うちは、息子とベビースイミングに通いました。
もしかしたら、水泳の才能を隠し持っているかもしれない!と淡い期待を持ちながら。

子育てママのブレイクコーナーさん

この時は、まだうちの子の『レディネス』に気づいていませんでした・・・

レディネスとは、ある行動を習得するために必要な条件が用意されている状態です。 たとえば、多くの国で6、7歳を就学開始の時期としているのは、子どもに学校教育を受けるために必要な条件(体力、理解力、判断力など)が整う時期とみなしているからです。 

結果、全くの凡人でした(笑)
中には、幼稚園でバタフライまで泳ぐ超人的な子が、どのスイミングスクールにもいると思います。
しかし、多数派には『レディネス』がとても大切だと痛感しました。

子育てママのブレイクコーナーさん

うちは、結局背面キックで手こずり、幼稚園年中から「サッカーをする!」との本人の希望で、スイミング通いを終了しました。
今は、休み中の短期教室に楽しく通っています。

年長の本人は、スイミングを習っていない周りの友だちよりも少し泳げる事が、大きな自信になっているようですが・・・

子どもの才能発掘は難しいですね。

                  
<もっと詳しく>  『レディネス』

レディネスの古典的研究として有名なものに、ゲゼルとトンプソンの一卵性双生児による 階段登りの訓練があります。

子育てママのブレイクコーナーさん

一人目のT児には生後46週から6週間、もう一人のC児には生後53週から2週間だけ階段登りの練習をさせました。
すると、T児は4週間後にやっと一人で登れるようになりました。
対してC児は訓練の最初の日から一人で登ることができました。
 また、早くから練習していたT児は最終日になっても登るのに26秒かかりましたが、C児は10秒で登れてしまいました。

これは、早くから訓練をしてもレディネスが形成されていなければ、練習の成果がないことを示しています。

<『手にとるように心理学用語がわかる本』渋谷 昌三・小野寺敦子著 より>

子育てママのブレイクコーナーさん

プロフィール
二男児の30代ママ
教育学部卒、表現文化専攻修了。 インターナショナルスクールの国語教師や、塾業界、保育士を経験。
第一子妊娠後は、専業(教育ママ)主婦をしています。
このコーナーでは、二人の怪獣とたわむれながら感じた事、今まで読みあさった教育関係の本や育児本から『ふむふむ、なるほど〜☆』と思った事など、お伝えしていけたらなと思っています。

前へ 一覧 次へ

 

掲載されている情報は変更になっている場合があります。最新情報は各連絡先までお問い合わせください。

※掲載内容の修正ご依頼はこちら「記事の修正・削除依頼」からお願いいたします。

掲載内容については、掲載時点から変更されている場合もありますので、必ず主催者に確認してご利用ください。
掲載内容に誤りがある場合は「記事の訂正」からお知らせください。このサイトではオプトアウト制度を採用しております。詳しくはこちらオプトアウト制度をご覧ください。 掲載をご希望の方は「掲載について」のページをご覧ください。